2017年8月16日水曜日

ウエノ・ポエトリカン・ジャム5

残暑お見舞い申し上げます 



って、そんなに残暑じゃないか
なんだかひんやり… 

ま、こんな真夏のひとときも 
たまにはいいですね 



前回の日記から 
またもや旅に出ておりました 

あちこちでオイラの詩にふれてくださったみなさん 
ほんとうにありがとうございました 

ここから先も 
オイラの詩の旅は果てなくつづきますが 
しばらく一般公開される催し物がございませんので 
今日はちょいと先のお知らせをばっ 



8年ぶりに開催される 
日本最大の詩の野外フェス!!! 

なつかしいし 
とても新鮮な気分だし 
何かが生まれる予感がしています 

あなたのささやきや 
きみのさけびや 
だれかのひとりごとが 
秋の空で出会えますように∞ 




* 



ウエノ・ポエトリカン・ジャム5 
 ~コトバたちの復活祭~  

略称:UPJ5 



2017年10月7日(土) 
10時45分開場 
11時15分開演 

場所:東京/上野水上野外音楽堂 

入場料:無料 
(カンパをお願いしております) 



出演: 

ゲスト 
谷川俊太郎 
松永天馬(アーバンギャルド) 
志人(降神/TempleATS) 
谷郁雄 
東直子 
桑原滝弥 
小林大吾 
GOMESS 
狐火 
マサキオンザマイク(ZGR) 
大島健夫 
てあしくちびる 
村田活彦a.k.a.MC長老 
もり 
Anti-Trench 
馬野ミキ 
さいとういんこ 

チーム名古屋 
(鈴木陽一レモン・三原千尋・自縛ポエトリー/うい) 
チーム大阪 
(タムラアスカ・川原寝太郎・八和詩めぐむ) 
チーム長野 
(GOKU・井出政彦) 

LIVE PAINT 
大佐 

DJ 
K.T.R 

司会 
猫道(猫道一家) 
石渡紀美 

Photographer 
山崎奏太郎 

ゲスト出演者によるライブ 
一般公募オープンマイク数十名 



主催:UPJ5実行委員会 

URL:https://www.upj5.net/

2017年8月2日水曜日

ベートーヴェン

ども~ 

上方での怒濤のライヴ三連戦を 
無難に終わらせることなく 
がっつりとキめて 
今夜江戸に帰ってまいりました! 



7/29(土)「夫婦幸福LIVE」では 
詩と講談とオーケストラによるコラボレーション 

7/30(日)「PSJ大阪」では 
45編の言葉のパフォーマンスとMCで絡み合い 

7/31(月) 「祭の起」では 
島田篤さんの唄とピアノにただただ詩で応えて… 



気がついたら 
これまでに経験したことのなかった 
不思議な感覚を味わいまくった 
そんな日々でした 

これは一体なんなのか? 
ちょっと簡単には言葉にしないで 
しばらく己の内側に芽生えたこの感触を 
見つめてみます 

いずれまた 
作品やパフォーマンスに昇華して 
ご報告したいとおもっちょります 



とにかくこの三日間 
いっしょに舞台に立ってくれたみなさん 
支えてくださったスタッフと会場の方々 
何よりもその熱量もさることながら 
質の高い拍手を送っていただいたお客様 

ほんとうにありがとうございました∞ 




* 



でもって 
今日はすこし 
いつもとは変わったお知らせがあります 

自分は出演をしないのですが 
作品を提供したイベントの告知です 



講談を書きました! 

しかも題材は… 
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン!!! 

”音の詩人”と呼ばれ 
オイラも大好きな作曲家である 
彼の生涯を講談で描くことは 
なかなか恐ろしい体験でしたが 
それ以上に至福の時間でもありました 



イベント自体は 
親子コンサートですので 
子どもにもわかるように 
書かなくてはいけないのでしょうが 
あまり気にしませんでした 

子どもってそんなに馬鹿じゃないですし 
自分自身が子どものころに 
子ども扱いをされたよう作品や態度が大嫌いでしたので 
あくまで本気でベートーヴェンさんに迫りました 

かといって 
そんな堅苦しいもんじゃござんせんからね 
ぜひぜひ、ご家族みんなでも、ひとりぼっちでも、 
気軽にあそびにいらしてくださいませ~~~ 





『講談×オーケストラ【Yu-Gi】』

おはなしとオーケストラのコラボレーション! 
見るだけでなく、聴いて想像して体感する新感覚エンターテイメント!! 


とき:8月12日(土)14:00開演(13:30開場) 

場所:兵庫・西宮市プレラホール 
http://www.nishi-bunka.or.jp/plela/access.html 

料金:前売り2500円(全席自由)※当日500円プラス 
   高校生以下1500円 
   (未就学児膝上鑑賞無料) 


講談:神田京子 
音楽監督:白谷隆 
企画:川端裕美 

オーケストラ【Yu-Gi】 
Fl 川端裕美 
Cl 井谷一美 
Hr 藪内泉 
Vn 吉矢千鶴 
Vn 井上望美 
Va 橋本涼子 
Vc 崎元蘭奈 
Cb 長谷川光 
Pf 楊美希 
Per 小川悟史 

演目: 
おおきなかぶ 
怪談「播州皿屋敷」 
ベートーヴェンの生涯 
他 


主催:西宮市プレラホール指定管理者(株)双葉化学商会 
   オーケストラ【Yu-Gi】事務局 

お問い合わせ: 
西宮市プレラホール(Tel0798-64-9458) 
講談×オーケストラ【Yu-Gi】事務局 
kava_flute1026@yahoo.co.jp 




* 



なんだか今日は
関西方面の話題に集中したカンジになりましたが 
今後またいろんなところへ出張っていったり
発信していく予定ですので 
関西以外にお住まいのみなさんも 
次回以降のこのブログでのお知らせを 
楽しみに待っていてくださいね☆ 

今日のところは 
昨夜のライヴの模様を 
ご来場いただいたお客様が  
YouTubeに公開してくださいましたので 
(ちゃんとこちらの許可を取って!ありがたや!) 
おしまいにご紹介いたしますっ 


オイラ作詞、島田篤さん作曲による、 
「祭の起」 
https://www.youtube.com/watch?v=ozFdPKSQ9a8 




それでは 
よい夢を 
よい息で

2017年7月24日月曜日

回帰テスト

みなさま 
えらいことになっちょりますっ 

なにがって? 
二ヶ月に一度のアレですよ! 

先日のポエケットでも 
「おもしろい!!」 
とたくさんのご好評をいただいた 
シェルスクリプトマガジンでの 
オイラの詩連載の頁のことでございます 

(お買い上げくださった皆様、 
 誠にありがとうございました♡) 



これまでの編集のKさんと 
イラストのイケヤさんに 
詩のオイラというトロイカ体制に 
今号では何やら異変が… 

デザイン担当のIさんが 
新たな暴走をカマしてくださりました! 



不思議だなあ 
レイアウトを眺めていると 
自分が書いたはずなのに 
自分の詩じゃないような感覚です 

これこそがほんとうの 
コラボレーションってやつなのよねえ 

どんどん深化していく連載を 
ぜひともご覧くださいませ~~~ 




◇7月25日(火)発売 

隔月誌「シェルスクリプトマガジンVol.49 2017 Augustl」 
https://www.usp-lab.com/pub.magazine.html 

世界で唯一のシェルスクリプト専門誌! 
詩人・桑原滝弥による 
コンピューター用語をタイトルに詩を作るシリーズ掲載 
イラスト・イケヤシロウ 

定価:本体500円+税 
発行:USP研究所 
※全国書店、amazonなどの通販サイトで発売。 



通りすがりのだれかに 
「おかあさん!」と泣きすがって 
もしも抱き止めてもらえたのなら 
死んでもいい 

【掲載詩”回帰テスト ~regression testing~”より】 




* 



そして 
今週末からは既報のとおり 
関西ライヴ三連戦!!! 

どれもまったく 
趣きの異なるイベントとなりますので 
ぜんぶ来てね☆ 



7/29(土)14:00~ 
ライヴ「夫婦幸福LIVE」 
大阪・天満橋 プチエル・サロン 
http://shijinrui.blogspot.jp/2017/06/blog-post_19.html 

7/30(日)13:00~ 
ライヴ「ポエトリースラムジャパン大阪大会」MC出演 
大阪・十三 シアターセブン 
http://shijinrui.blogspot.jp/2017/06/pdpsjp.html 

7/31(月) 19:30~ 
ライヴ「祭の起」 
兵庫・神戸 BIG APPLE 
http://shijinrui.blogspot.jp/2017/07/1022_7.html 




生きてもいいって 
おもわせるからね 

2017年7月15日土曜日

tamatogi 2017

こんにちは 
桑原滝弥です 

昨日、またひとつ歳を取らせてもらいました 

お祝いのプレゼントやメッセージをくださったみなさん 
遠くから、ふと、思い出してくれたあなた 
そんなこと知らねえよ、と関わりつづけてくれるおまえ 

ほんとうにありがとうございます 



新たな歳は 
これまでまき散らしてきた言葉を 
あらためて深く掘り下げていきます 

そこから 
みなさんやあなたやおまえや 
このブログを読んでくれているだれかに 
喜んでもらえる何かを 
お返しできたらとおもっております 

何卒よろしくお願い申し上げます 



で、Rからして 
46歳一発目の告知はやっぱりコレ! 

今年もやるよ 
やろうぜ~~~ 




* 



tamatogi 2017 
~ 秋の詩のオープンマイク祭り~ 



2017年10月22日(日) 
開場/17:00 開演/18:00 


◇ゲスト 
大島健夫 
(東京「SPIRIT」、千葉「千葉詩亭」主宰) 
河野宏子 
(大阪「ことぶき!」主宰) 
三原千尋 
(名古屋「詩のあるからだ」主宰) 

◇MC 
桑原滝弥 
イシダユーリ 

◎詩のオープンマイク参加者募集! 
詩の朗読、及び、詩的パフォーマンスをされる方なら、誰でも参加可能。 
制限時間一人(組)4分間。自作他作不問。 
音源(CDソフト対応、USBは再生機器持参の事)使用可。 
楽器(セッティングに長時間掛からないもの)使用化。 
当日開場時17:00~エントリー受付。 
※もちろん観覧のみのお客様も大歓迎です。 


◇料金 
2000円(ドリンク代別途) 

◇お問い合わせ 
詩人類 (桑原) 
TEL:090-8545-2708 
takiyakuwahara@yahoo.co.jp 
http://shijinrui.blogspot.jp/ 


◇会場 
『新世界』 

〒106-0031 
東京都港区西麻布1-8-4 三保谷ビルB1 
TEL:03-5772-6767 
info@shinsekai9.jp 
http://shinsekai9.jp 

都営大江戸線、地下鉄日比谷線「六本木駅」2番出口より、六本木通りを西麻布方面へ徒歩8分、六本木通り沿い。 
渋谷駅より、都営バス六本木方面「六本木六丁目」停留所下車、六本木通りを西麻布方面へ徒歩1分、六本木通り沿い。 



☆詩のオープンマイク”tamatogi”とは… 
桑原滝弥とイシダユーリの二人の詩人主宰による、参加者が詩だと感じる表現なら形式は問わない自由度の高いオープンマイク。 
主宰二人が醸し出すイベントの雰囲気が評判を呼び、これまでに有名無名を問わず、さまざまなジャンルや地域や意識を持つ人々がエントリーして、たくさんの交流が生まれている。 また、観覧のみを楽しむ観客が多いイベントであることでも知られている。 
今回は、全国各地の詩のオープンマイク主宰者をゲストに招いて、 ライヴで感じる詩の面白さ・こわさ・可能性を追求する。 


【ゲスト・プロフィール】 

大島健夫 takeo oshima 
詩人。 1974年千葉生まれ。 2007年、「詩のボクシング」神奈川大会出場を機に詩の朗読を開始。2014年、24時間ワンマン朗読ライヴ完遂。ポエトリースラムジャパン2016優勝、パリで行われたW杯で準決勝進出。ベルギー、イスラエルなどの詩祭やポエトリースラムにも出場。 
<主催オープンマイク①>東京『SPIRIT』 毎月第一月曜日、渋谷”RUBY ROOM”にて開催中。 
<主催オープンマイク②>千葉『千葉詩亭』 毎偶数月第三日曜日、中央区登戸”TREASURE RIVER BOOK CAFE”にて開催中。 
http://www1.odn.ne.jp/goingthedistance/ 

河野宏子 hiroko kohno 
詩人。大阪生まれ。2003年頃より朗読を始め、関西を中心に、日本各地、及び、海外(パリ、ニューヨーク)のステージに立つ。詩の情報ZINE「PAPERDRIVE」編集長。オープンマイク「ことぶき!」主催者。ポエトリースラムジャパン大阪大会主催者。2013年より母親。 
<主催オープンマイク>大阪『ことぶき!』 毎月第三日曜日(変更の場合あり)、谷町九丁目”ライヴ喫茶亀”にて開催中。 
http://ameblo.jp/poetrymarking/ 

三原千尋 chihiro mihara 
朗読詩人。1984年愛知生まれ。2009年朗読活動開始。以来、新宿スポークンワーズスラムやポエトリースラムジャパン等のマイクバトル、ライブイベント、オープンマイクで武者修行に励む。等身大の愚痴をストレートな言葉と音楽的な緩急で客席に投げかける自称「あるあるネタ詩人」。 
<主催イベント>名古屋『詩のあるからだ』 毎月第二水曜日、八事”ポップコーン”にて開催中。  
https://twitter.com/ametotaiyo 




いざ、自己表現の向こう側へ… 

ひとりで来て、 
ひとりで帰っても、 
ちゃんと何かと繋がるポエトリーイベント 

今年も開幕∞ 




* 



一生に一度しかできないことをやりましょう 

そうやっておたがいが 
日々を積み重ねて 
いつか 



ちゃんと死ねますように

2017年7月7日金曜日

1022日越しの”祭の起”

ずいぶん前の日記で書いておりますが 
過去(2014年10月13日)にこんなことがありました 

桑原滝弥・情報ブログ 
「一寸先はポエム!」 
http://shijinrui.blogspot.jp/2014/10/blog-post_20.html 

台風の影響でライヴが延期になってしまったのです 
あれから1022日(よく数えたぜ、オレ)… 

ついにあのライヴが開催されます!!! 



イベント名は「祭の起」 
会場は神戸・BIG APPLE 

共演は、敬愛する音楽家・島田篤さん 
https://shimalog.wordpress.com/ 

そう、日付以外は 
二年九ヶ月前の嵐の晩とまったく同じ内容です 

島田さんとは他の共演者も交えての別企画で 
その後も何度か共演がありますが 
あくまでツーマンでがっつりぶつかり合うステージは 
この「祭の起」であると 
どこかで二人ともおもっていたみたいです 

しかし中々タイミングが合わず 
こんなにも時間が経ってしまいました 
でも、これでよかった気がしています 



ライヴであれ、原稿であれ 
コラボレーションであれ 
その企画がスタートした時点で 
オイラは緊張します 

それはフィニッシュを迎えるまでつづくのですが 
こんなにも独特の緊張を 
味わいつづけさせてもらった企画は他にはありません 

あの時台風がなかったら 
引出されなかった自分がいま 
生きています 

その”生”をみなさんに捧げたいとおもいます 



ちなみに 
「祭の起」とは 
オイラ作詩/島田さん作曲の 
”うた”のタイトルでもあります 

いろんな精神状態で 
ひとりの人間が日々を生きていくように 
いろんな精神状態に 
向き合ってくれる音楽が 
オイラにとって島田さんの音楽です 

そしてそれは 
表現の形式や 
持って生まれたキャラクターはまったく違えど 
オイラも目指すところです 



さあ、ようやっと、 
祭が起きます 

皆様のご来場、魂よりお待ちしております∞ 




* 



「祭の起」 

2017年7月31日(月) 
open 18:30 / start 19:30 

出演 島田篤(音楽)/桑原滝弥(詩) 

charge 前売¥2500/当日¥2800(+1drinkオーダー~) 

会場 神戸・BIG APPLE 
http://www.geocities.jp/kbigapple/ 



2014年、颱風により中止になったライブ『祭の起』が、ついにリベンジ開催! 
詩人類を名乗り、『かるがるしく詩人となのりなさい』とそそのかす詩に全てを閉じ込め解放しようとする男・桑原滝弥と、 
内なるランドスケープを淡々とあるいは狂気に、描き唄い奏でる音楽家・島田篤。 
類い稀なる2人のソロをたっぷりと!! 




* 



そんでもって 
明後日(7/9)はいよいよ 

「第21回 TOKYOポエケット」 
http://www.poeket.com/ 

”詩人類と東京荒野”で出展しております 


他では手に入らない 
掘出し物を用意して待ってるよ~~~