2012年3月29日木曜日

運命のかあちゃん∞

本日、3月29日は

講談師・神田京子さんのお誕生日です


彼女の旦那さんはなんでも
詩人をやっていて
いつもいろんなひとから

「詩人ってなにするひとなの?詩人って喰えるの!?」

と、心配やら好奇の目を向けていただくのですが
そのたびに彼女は

「うちの旦那は天才だからだいじょうぶです☆」

と、わらってこたえています

大丈夫なわけないとおもうのですが
彼女があんまりにも自信満々にそう言いつづけるものですから
いつの間にやら旦那さんのほうでも

詩人はなにをして、どうやって喰っていけばいいのかが
だんだんわかってきたそうです


神田京子さんの名前は本名ではありません

大学生のときに寄席で
故・二代目 神田山陽さんの最後の高座をたまたま見かけて
感動してしまい弟子入りをお願いしたそうです

「きょう、きたから、きょうこ」

あっさりと入門を許可されて
岐阜の美濃から来た田舎娘は
東京の芸人・神田京子になりました

すでに体調のよくなかった二代目 山陽さんはこのとき
入院をされていて、一年後に天に召されました

最後の弟子は、最初の師匠の
最期を看取ることができなかった

だけど、形見分けに
そんな二代目 山陽さんのずっとつけていらした
入れ歯を、いただいたそうです

それから十二年の歳月が流れて・・・


いま、その入れ歯は
詩人の旦那さんが毎日あらって
手を合わせているそうです

ものには魂が宿るといいます
たしかにそんな気がします
 では

声に魂がのっかかるとき
それを言霊というんじゃないかしら

そんなことを詩人はおもいつき
詩の、朗読を、
言葉を、声にすることを、

結婚をするまえより
なんとなく本気でやりはじめたそうです


今日の誕生日も旦那さんは
彼女にたいしたものが買ってあげられないので
詩を、声に出して、
彼女に贈るそうです

まだ、会ったこともない
死んだおじいさんの入れ歯をみがいてから

神田京子さんは
それをなにも言わずにだまって
聴いてあげるのでしょう



いい女ですね




以上、
六年目のノロケでした。


詩人・桑原滝弥
(芸人・神田京子のとうちゃん)





4月21日(土)15:00~
「神田京子 独演会」 横浜・にぎわい座/のげシャーレ
http://blog.kandakyoko.com/ 


(夫婦出演)
4/22(日)15:00 「谷川俊太郎・賢作 コンサート」ゲスト出演
・・・兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
4/23(月)19:00 「島田篤 生誕49年前夜祭ライヴ」ゲスト出演
・・・神戸・BIG APPLE
5/6(日) 16:00 滝弥・京子の「復興道」企画・出演
・・・東京・三軒茶屋 KEN

2012年3月27日火曜日

今夜

地震がありましたね。また

震源地付近の大切なひとたちの
落ち着いた電話の声を聴いて
あわてず、いそがねば、とおもいました

お世話になったひとたちに手紙と詩を書きたい
書かせてください

まもなく皆様に送りますね
贈りますね

そして行動していきます


もっと、よい息で、あなたと∞





詩人・桑原滝弥×講談師・神田京子の
「復興道」
其の壱

~できることからごつごつと~



【日時】
2012年5月6日(日)
16時開演(30分前より会場)
18時終演(予定)
以降、出演者を交えてのフリータイム


【出演】

桑原滝弥(詩人)
神田京子(芸人)

◇ゲスト
小針丈幸(福島県出身 東京都在住)
橋本鮎子(神奈川県出身 宮城県在住)

◇ホスト
粟津ケン(KEN主宰)


【内容】
◇詩人・桑原滝弥の独演
◇講談師・神田京子の独演
◇滝弥・京子によるコラボレーション・ライヴ
◇東北ライヴのドキュメント映像公開
◇KEN主宰・粟津ケンを交えての、滝弥、京子、そして、被災地での 復興活動を経験されたゲストの方たちによるトークセッション


【プロフィール】
◇桑原滝弥
1986年俳優としてデビュー、以後ジャンルを問わずさまざま表現活動を展開。1994年詩作開始。詩人類代表。
~主な活動~
詩集「花火焼」(にこにこ出版)
詩選集「あなたにあいたくて生まれてきた詩/宗左近・編」(新潮社)
TV「さらさらサラダ」(NHK名古屋)
演劇「にんにん忍者でんエモン一座」(世田谷パブリックシアター@スクール公演)
イベント「谷川俊太郎トリビュート 俊読」(全国各地で開催)
http://shijinrui.blogspot.jp/ 

◇神田京子
1999年二代目神田山陽に入門。2000年山陽他界により、神田陽子に師事。日本講談協会所属・落語芸術協会所属。
~主な活動~
TV「趣味悠々・フォト五七五」(NHK教育)
ラジオ「日曜バラエティー」(NHK第一)
webコンテンツ「敬語おもしろ相談室」(文化庁)
ワークショップ「世界青年の船」(内閣府/日本丸船内ホール)
ライブ「神田京子独演会/連続講談物シリーズ」(横浜にぎわい座・のげシャーレ)
http://blog.kandakyoko.com/ 

<夫婦での活動>
伝説のリアル結婚式ツアー・ガチンコラヴレター&日記朗読大会・ピンクの白鳥SM講談・みちのくふたり旅チャペルGIG・ドイツ公演/侍講談vs腹切詩・結婚五周年tamatogiラップ・・・そして、東日本大震災の被災地において、仮設住宅を中心に、さまざまな場所でライヴを行う。これからもつづく

◇ゲスト
小針丈幸
…福島県出身。現在福島と東京との二重生活者。自らの実家(当時いわき市)を震災で失くす。直後よりボランティア支援活動をはじめ、被災全地域に緊急支援で足を運んだ。
滝弥・京子の最初の東北(福島・宮城・岩手)ライヴツアーを企画担当。

◇橋本鮎子
…神奈川県出身。宮城県大河原町在住。結婚後、嫁いだ数ヶ月後に震災に遭遇。自身の被災は小さかったが、隣接する沿岸部の町の被害が甚大だったため、物資支援などの活動を中心に、自宅を開放する。
滝弥・京子の二度目の東北(宮城県山元町)ツアーを企画担当。


【映像】
撮影・鄭晶晶、橋本鮎子
編集・鄭晶晶、桑原滝弥


【おもい】
平成二十三年三月十一日午後二時四十六分十八秒…
自然界から、人間界へ、
有史以来、何度目かの気付きの機会を与えられました。

たくさんの生命が、わたしたちの生きているこの世から旅立ち、残された多くのひとたちは、悲しみ、苦しみ、途方にくれ、そしていまも、その衝撃を目の当たりにしながら、見えない恐怖とも直面し、生活されつづけています。

極東の小さな島国の東北地方を中心に起きた、いまも尚つづく未曾有の天災と人災。
いまわたしができること、やりたいことは、その場へ行って多くの命と触れ合い、ともに自然界の声に耳を澄ますことと、これから、あたらしく生まれてくる命に、すこしでもよい空気をつくり、 育み、引き継ぐことです。

現地で起きている、さまざまな美しいこと、美しくないこと、そして、そのどちらなのかいまはわからないけれど、大切なこと。
その地で生きているひとの直接の声をお聞きして、ともに考え、感じ、また生きていくきっかけを、日出る地の首都圏に暮らすあなたと分かち合いたいのです。
そして、願わくば、それを世界中のひとたちへ、
宇宙中の生命へと届けたいのです。

詩と芸は究極のサービス業。
大きくて、ささやかな、何か、とのコラボレーション。
魂が爆笑するとき、見えぬものも浄化される。
そうわたしは信じているので、ダサいことはいたしません。
どうぞ気楽にお越しください。

待ってます∞


詩人類・桑原滝弥 拝



【料金】
2000円


【会場】
KEN


〒154-0004
東京都世田谷区太子堂4-8-3 B102
Tel & Fax 03-3795-1776
[田園都市線]三軒茶屋駅(三茶パティオ口)から徒歩6分/[世田谷線]西太子堂駅から徒歩2分 
※ペットショップ「コジマ」右手から地下へ
http://www.kenawazu.com 





いま、この瞬間も、道なき道を歩む
だれかがいる
きみとぼくがいる

2012年3月25日日曜日

祭りの準備

島田篤さん(vocal, piano)とはじめてお会いしたのは 9年前、名古屋・今池TOKUZOという、それはそれはとても濃 ゆいひとたちが自然と集ってしまうライヴハウスであり、呑み屋での、 別々の出し物としての共演がきっかけでした 

いま振り返れば濃ゆい場所での、とてもあっさりとした出会いだったような気がします 
それ以来、お互いのライヴを観に行き会う間柄になり、 ありがたいことに、今日までお付き合いをさせていただいております 


島田篤という、ひとの魅力は、その人柄と骨柄 

昨年、オイラが妻・神田京子との結婚五周年ライヴを東京・原宿クロコダイルで開くとき、 過密スケジュールの中、手弁当で駆けつけてくだっすった、あたたかい義 
わたしらのわがままを聴いてくれたために、 日替わりで関西と関東を行ったり来たりする羽目になり、 トンデモナイご足労をさせてしまったのに、笑っていた、あの人柄 

そして、本番中の寄り添うようでいて、けっして馴れ合わず、支えてくれる音色 
あのめちゃくちゃなオノロケ合戦と、不可思議/wonderboyのラップを面白がり、最大限届かせようとしてくださり、届いた、あの夜 
振り返ればやっぱり笑っていた、あの骨柄 

出会ったばかりの頃の、一度限りのセッション(今回お世話になるBIG APPLEで!)のときにも 感じていたことでしたが、バンド時代から、ずっとフロントを務めさせていただいてきたオイラにとっちゃあ 、こんなにもやりやすくて、こわい音楽家も、そうはいません 


そんな島田さんのソロは毎回ちがって、やっぱり、いい!!! 
緊張感があるのに、不思議と安心感もあって、それでいてどこに連れていかれるかわからない 、一観客としては、そんな迷い子状態が、凄まじく心地がよいのです 
そんな遊園地はなかなかありませんものね 

昨年の東京・学芸大学APIA40でのソロを拝見したときには泣きました
言葉にできない、身体にひびきつづけている、感情の声を聴いて、ふるえました 

胸が高鳴りながら、息がとてもしやすかった 


もしかしたら最初にTOKUZOで会話した夜、だれよりも明確にオイラの表現を捉えた感想を伺ったときから (或いは、本番前の楽屋での忍者のような得体の知れぬ空気にふれたときかw)、今回の、祭りの準備の準備ははじまっていたのかも知れません 

オイラの大好きな音楽家の方に共通することなんですが 、とっても言葉を大切にしてくださる方です 

こう書くと、ずいぶんお堅い人物のようにきこえますが 、人生においても、表現の道においても大先輩であるのを あっさり忘れてしまうくらい、いつも呑んだくれの、オチャメなあんちゃんであります 


果たして今回の生誕前夜祭でわたしら夫婦は、この凄まじいオチャメお兄さん48の卒業式をしっかと祝えるのか??? 

腕が鳴ります 

咽が開きます 

穴が絞まります 

我が家が 
キャッキャッ 弾んでおります 


是非、島田篤さんの世界で、いっしょに行くあてをさがしましょう☆  


 


島田篤 生誕四十九年前夜祭 
『祭りの準備』 

2012/04/23/MON open18:30/start19:30~20:00 
神戸【BIG APPLE】 
http://www.bekkoame.ne.jp/i/big-apple/ 
 ・・・JR/阪神『元町』駅よりトアロード上る徒歩10分、山本通り3丁目バス停前 
 078-251-7049 神戸市中央区山本通3-14-14 トーアハイツB1 
前売¥2300/当日¥2500(+1drink) 
●出演:島田篤(vocal, piano) 
GUEST:桑原滝弥(詩人)  
     神田京子(講談師) 


<島田篤さんのブログより> 
♪昨年、彼らの企画『詩人・桑原滝弥 × 講談師・神田京子 結婚五周年 報恩謝徳LIVE 「夫婦PANDORA」 』に参加させてもらい、その時に関西に来ることあれば何か一緒に是非!とお願いしていて実現することになったこのライブ。 
 この前日、詩人・谷川俊太郎とその息子であるピアニスト・谷川賢作のコンサートで関西に来ているそうで、その勢いで私のライブにも参加してくれるというありがたいお話。 
 詩人の桑原滝弥とはお互いのライブを観たり観られたりしている仲で、彼の圧倒的なスポークン・ワーズはもう誰もが認める素晴らしさ。 
 対する京子さん(こう呼ばせてもらいます)、私自身、講談はまだ生で観たことがなく、ちょっと勉強しとかないとなあと思いつつ、このコラボがどうなるのかと楽しみなのです。 
 ちょっと馬鹿馬鹿しいこともやりたい&やらせたいとほくそ笑みつつ内容を追々煮詰めて行き、このブログなどにアップ出来たらと思っているので、目を離さず、心に止めて、そして必ず足を運んでください。 

 あ、そうそうこの日は私の誕生日前日でもあるのです。 
「祭りの準備」乞うご期待!! 
 先日の東京行きでお2人に会い、少しお話させてもらいましたよ~ん!! 
http://shimalog.wordpress.com/ 

  
【島田篤】
ピアノ・キーボード演奏家。作編曲家。 1963年大阪生まれ。現在京都在住。 "独り"の魅力に取付かれ、40歳を契機にソロを始めライフワークとする。自作の楽曲・唄 を、ピアノソロ・弾き語り・即興を混在させた形で演奏。エフェクトを駆使する等、音響的にも独自の表現を模索展開中。 
下田逸郎、滝本晃司、さねよしいさ子、山根康広 等のシンガーソングライターとのライブ、CD制作。サポート。アレンジ・プロデュース。多数のグループやセッションへの参加。他表現者への楽曲提供。等々、多岐に渡って活動中。 


 


江戸は今日も 
おめでとうのまえの 
"おめでとう"が共鳴しております 
おめでとうのあとともに∞

2012年3月14日水曜日

ポエトリー

映画「ポエトリー」
観るべし!


現在公開中・・・
http://poetry-shi.jp/
 凄まじく美しい映画です
それはオイラが詩人だからとか関係なくです
ただ、

この映画を観ても
なんともおもわない人もたくさんいるんでしょうし
それはそれで素晴らしいことなんですが
そういう人にこそ
ひびく言葉を放っていきたいなあと
強くおもいました

おもったら、かんがえて、
かんじて、わすれて、
ねり、もり、そぎ、とぎ、
うごきはじめます

そんな訳で来月は西へ~


4/22(日)西宮・兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 
4/23(月)神戸・BIG APPLE
4/24(火)滋賀・ライブスペース 竹の箱
4/25(水)京都・思文館美術館-地下一階cave
4/27(金)名古屋・ジャージャ


西宮公演の詳細はすでにこのブログでもお知らせしましたが
それ以降の公演も追々発表させていただきますので
とりあえず今日の所はカレンダーに
こゝろ っとでも書いといてください(笑)


映画を観て
ポエトリー・リーディングをしたくなった困ったちゃんは(大好き!)
24(水)滋賀、25(水)京都では
オープンマイク(誰でも参加できる詩の朗読会)も開催いたしますので是非どうぞ!

但し、オイラがMCをするので
劇中で描かれている朗読会をイメージしてくると
別の惑星の出来事みたいに見えるやもしれません☆
ま、興味あるなら好きにやりにきてください~


また、東京でのオープンマイク「tamatogi」も
定期的(毎偶数月第一土曜日)に行っております
次回は4/7(土)20:30~開催!
関東近郊の皆様はこちらにあそびに来てね
http://www.kensscratch.com/gallery-space-turbo.html
 もちろん観覧のみの方も大歓迎ですのでお気軽に~



生「ポエトリー」
来るべし∞

2012年3月4日日曜日

弱いまま、強く

最近
若いひとたちの命が弱っているなんて指摘をチラホラ見かけますが
そのうちメチャクチャ強くなりやがるんだろうなと
信じているので心配しておりません

こんにちは。世界一弱い詩人・桑原滝弥です


ちょっと前に、谷川俊太郎さんの傘寿(80歳)を祝うパーティー
その名も「傘寿ベリーマッチ」!にご招待いただき
妻といっしょにいってまいりました

クラクラしそうな豪華な面子が集っておられましたが
俊太郎さんと同時代を生きてこられた詩人・表現者の方々の
その命の輝きっぷりは
弱っちいが故に死に物狂いで掴まれた
強さ、きびしさ、やさしさなんだなあと感じました





谷川俊太郎・賢作コンサート
詩と音楽の贈りもの


日時 2012年4月22日(日)
開演 15:00(開場 14:30)
会場 芸術文化センター 阪急中ホール
料金全席指定 \4,500

震災から1年。人は言葉のなにに癒され、なにに勇気づけられ、なににひるむのだろうか。
俊太郎&賢作の「贈りもの」シリーズも早7年目。
今年はゲストに俊太郎も一目置く新世代詩人、桑原滝弥、講談師の神田京子を迎え、ある時は元気にはじけて、またある時は深く静かに、言葉の新たな可能性を探ります。
お楽しみに!
(兵庫県立芸術文化センターHPより)

朝日カルチャーセンター中之島教室の窓口で、チケット販売中です。
お問い合わせ tel 06-6222-5224
http://www.asahiculture.com/LES/detail.asp?CNO=149452&userflg=0 





弱いまま、強く


若くもなく、年寄りでもないオイラが吐く息はまだ浅く
ときどき無呼吸で知った口をきいたりしますが
ため息の中にだれかの無意識の祈りがすこし混ざったりして

詩が生まれます∞