2012年9月24日月曜日

ことわりの夜

先日、母に会いました。東京で 

十歳代のときに上京して以来 
はじめてのことでした 

東京駅で彼女を見つけたときは 
やっぱり胸が張り裂けそうになりました 

こんなにも心細い存在が 
あんなにも心強く笑って 
おれを育ててくれたのだな、と 

ランチタイムのわずかな再会 

友人と楽しそうに世間話をする彼女を眺めていると 
自分はこれまで随分と、このひとの明るさ、大らかさ 
そして、会話の息遣いというものを 
知らず知らずのうちに引き継いできていたのだなと 
改めて実感しました 

都会のやさしさ 
観客とのつながり 
芸術の奥深さ 
命あるものだけがもつ業・・・ 

いまの自分を支えているそれらひとつひとつの根底に 
笑い、ときには怒り、そして涙してくれた 
そんな母の生命の"ノリ"があったのでした 

これから先、どんな人生を歩み 
どんな運命が待っているのかわかりませんが 
これだけはなくしたくないなあ 


ね!そんなわけで 
今度の水曜はたまにゃ 
各々の”おかあちゃんの生命グルーヴ”を持ち寄って呑もうや(笑) 


 


詩人とハダシの 
”名も無き夜” 


9/26(水) 
20:00~24:00 

桑原滝弥(詩人) 
勝亦かほり(ハダシ) 

会場・space turbo 
渋谷区円山町2-20 
Tel 03-6416-3272 
http://www.kensscratch.com/gallery-space-turbo.html 

entrance \¥500(詩の朗読付き) 
+ 1drink order ~ 


※次回 10/24(水) 
毎月第四水曜日開催 


 


私は嘘つきで 
私は夢見がちで 
私は傷つきやすく 
私はいつも惜しかった 
私はそんな私を知っている

私はジャンキーで 
私はオナニストで 
私はヒモで 
私はマザコン 
私はそんな私を生きてきた 

私は気まぐれの勇気 
私は精神からの挑戦 
私は肉体のうた 
私はキチガイにはなれなかった 
私はそんな私を愛してみせよう 


わたしは詩人 
いつかあなたが安らぐために生まれた∞

2012年9月15日土曜日

あたらしいうたを生きる

いろいろあって ぼくは生まれた





おでかけアリオス


タイムカプセル2012 久之浜編

《あたらしい久之浜のうたを つくろう、うたおう、奏でよう!》


.『タイムカプセル2012』は、いわきに縁のあるアーティスト5人が、7月・9月・11月に市内3ヶ所(久之浜・勿来・小川)に訪問し、まちの人たちと交流しながら『うた』を共同制作する、ワークショップ&コンサート企画。7月、子どもからお年寄りまで40名の久之浜の人が集い、作詞ワークショップを行いました。そこで出てきた、美しい風景、ふるさと久之浜への思いの詰まった言葉たちを、詩人・桑原滝弥さんがひとつの詩にまとめ、作曲家・谷川賢作さんが曲をつけました。



未来のこどもたちへ、未来のふるさと・久之浜へ、歌い継がれてゆくように・・・

うまれたてのうたを、一緒にうたってみませんか?





【第2回】ミニライブ&ワークショップ

できあがった曲を、さっそく歌ってみましょう!
ご自慢の楽器での参加も、大歓迎です。

◯日時 2012年9月15日(土) 13:00〜17:00
◯会場 久之浜第一小学校 体育館

13:00-14:00 歌の練習・こども編
14:30-15:30 タイムカプセルズ ミニライブ
15:00-16:00 歌の練習・大人編



当日受付

申込み方法 事前申込みは不要です。
ワークショップ当日、直接会場にお越しください。





【第3回】世界初演の日!

毎年恒例の「まちづくりコンサート」で、
できあがった新曲を演奏します!

◯日時 2012年11月24日(土) ※時間未定
◯会場 久之浜公民館 講堂

協力 久之浜町商工会、久之浜・大久地域づくり協議会、
いわき市久之浜・大久支所





備考 「タイムカプセル2012」コンサート

3地域でつくったうた、過ごした時間の記録を

アリオスの小劇場でまとめてご紹介します!

◯日時 2013年3月17日(日) 15:00開演
◯会場 いわき芸術文化交流館アリオス 小劇場
◯出演 タイムカプセルズ、3地域のワークショップ参加者の皆さま
◯料金 全席指定 2,000円 学生・車いす席 1,000円


お問い合わせ:アリオスチケットセンター 0246-22-5800
(毎週火曜定休/10:00〜20:00)
http://iwaki-alios.jp/index.html 






【タイムカプセルズ/プロフィール】
 

谷川 賢作 たにかわ けんさく(作/編曲・ピアノ)
1960年東京都生まれ。ジャズピアノを佐藤允彦に師事。現代詩をうたうバンド「DiVa」、ハーモニカ奏者・続木力とのユニット「パリャーソ」、また父である詩人の谷川俊太郎と朗読と音楽のコンサートなど、演奏活動を全国各地で開催。また、作・編曲家として映画「四十七人の刺客」「竜馬の妻とその夫と愛人」ほか多くの市川崑監督作品の音楽や、NHK「その時歴史が動いた」テーマ曲などを手がける。2008年のいわきアリオスオープニングシリーズ以来何度もいわきを訪れ、「おでかけアリオス」のほか、市内各地でライヴを行っている。


佐野 岳彦 さの たけひこ(ハーモニカ・ヴォーカル)
1982年静岡県生まれ。羊毛とおはな、ミドリカワ書房、sugarbeans、北川けんいち、sowan song、堂島孝平、Kinki Kids などポピュラーミュージックシーンを賑わす数多くのアーティストのライブサポートやレコーディングをこなす、シャイでナイーブなハーモニカふき。自身のユニット「mitatake」のデビューアルバム『あそびかたのちゅうい』には、いわきを訪れたときの風景が折り込まれている。


桑原 滝弥 くわはら たきや(詩人)
1971年三重県生まれ。1986年俳優としてデビュー、以後ジャンルを問わずさまざま表現活動を展開。1994年より詩作を開始。 処女作「えりなのプロフィール」が、新潮文庫「あなたにあいたくて生まれてきた詩」(宗左近編)に収録される。また、詩人・谷川俊太郎との共演シリーズ「谷川俊太郎トリビュート 俊読」など、朗読イベントのプロデュースも行う。 震災後、妻である神田京子とともに被災地でボランティア活動を行う。いわきでも市内の仮設住宅やコミュニティスペースでライブを行っている。


神田 京子 かんだ きょうこ(講談師)
1977年岐阜県生まれ。1999年二代目神田山陽に入門。2000年山陽他界により、神田陽子に師事。日本講談協会・落語芸術協会所属。都内の寄席に出演の傍ら、独演会・地方公演・他ジャンルとのコラボレーション、子供たちとの講談ワークショップ、国際交流活動など、形に囚われない講談関連の会を企画・開催・出演。今回は、久之浜に伝わる昔話や伝説を取材し、新作講談を発表予定。


三原由起子 みはら ゆきこ(歌人)
1979年福島県浪江町生まれ。中学時代の恩師の勧めで、いわき光洋高校時代から作歌をはじめる。福島県文学賞青少年奨励賞、全国高校詩歌コンクール優秀賞、2001年短歌研究新人賞候補作。短歌同人誌「日月」所属。文学フリーペーパー「Irino Sketch(イリノスケッチ)」で作品発表。朝日新聞「あるきだす言葉たち」、毎日新聞、東京新聞、福島民報、福島民友等に作品掲載。作詞・作曲・歌唱を担当した宝来屋本店「お新香三五八」CMソングが現在オンエア中。





【他2地域の活動について】

なこそ・双葉編《ふたば 未来のふるさと祭り》
双葉町の祭り太鼓や民謡などを題材に、「新しいまつりうた」をつくります。
◯日程 2012年 7月15日(日)9月16日(日)11月23日(金・祝)
◯会場 南台双葉町緊急仮設住宅「ひだまり」
◯協力 双葉町社会福祉協議会、双葉町応急仮設住宅自治会
なこそ復興プロジェクト


小川編《小川のプロモーションソング、作っちゃいます!》
市内で活動している若いアマチュア・バンドマンたちと共に、
小川のプロモーションソングを勝手に作ってしまおうという企画。
ロックか、ジャズか、はたまたムード歌謡になるか!?
対話を重ねながらつくりあげていきます。
◯日程 2012年 7月16日(月・祝)9月17日(月・祝)11月25日(金)
◯会場 いわき市小川公民館
◯協力 いわき市小川公民館、小川町の皆さま





光の波立ち きみと生まれた