2014年12月12日金曜日

Living Behavior

先日は 
「神田京子 真打昇進披露いわき公演」に 
たくさんのご来場を賜り 
誠にありがとうございました 


主催をしていただきました"FMいわき"の皆様 
共催をしていただきました会場"アリオス"の皆様 
企画制作の"神田京子後援会 Kyoko oh! Dangoclub"の皆様 
ご協力をいたただいた"ふたば・いわき京子応援団"の皆様 

ゲストとしてご出演をいただきました 
ケーシー高峰さま、谷川俊太郎さま、谷川賢作さま 
お祝いのご口上をいただきました 
木村芳秀さま、斉藤宗一さま、福田一治さま 
川口光子さま、坂本登美子さま、夏井芳徳さま 

そして、何よりも 
会場に足を運び客席から 
話芸を受け止め広げてくださった 
すべてのあなたさま 


本当に、ありがとうございました∞ 


これからまた京子と共に 
皆様に喜んでいただける詩芸がご披露できるように 
精進してまいりますので 
何卒よろしくお願いいたします 


真打昇進披露夫婦ライヴは 
来週は12/15(月)岐阜・美濃"やまびこサロン"へ伺います 
http://www.mapion.co.jp/phonebook/M16006/21207/22130294733/ 
お近くの方はぜひ気軽にあそびにいらしてくださいね♪ 


じゃんじゃん各地を盛り上げていきますよ~~~ 



* 



さて、このブログをご覧の皆様の中に 
"不可思議/wonderboy"という名の 
詩人、ジャパニーズラッパーをご存知の方は 
どのくらいいらっしゃるのでしょうか? 


三年半前に24歳の若さで急逝した 
自分の後輩なのですが 
この度彼のドキュメント映画が公開されるとのことです 




映画「Living Behavior 不可思議/wonderboy 人生の記録」 


独特な言葉のセンスとパフォーマンスで注目を浴びた早世のポエトリーラッパー、不可思議/wonderboyのドキュメンタリー。大学在学中にラップを始めた不可思議/wonderboyは、ポエトリーリーディングに感銘を受け、詩をラップにのせて歌うポエトリーラッパーとしてのスタイルを確立させていく。2009年にYouTubeで発表した楽曲が評判を呼び、11年には日本を代表する詩人・谷川俊太郎とステージ上で共演。谷川の詩をラップにした楽曲「生きる」を披露し、音源化された同楽曲も好評を博す。11年5月には1stアルバムも発表するが、その直後の同年6月、不慮の事故に遭い、24歳でこの世を去ってしまう。そんな不可思議/wonderboyが生前に何を思い、感じ、伝えたかったのかを、未公開映像や関係者インタビューをもとに 解き明かしていく。監督は、「Perfume」のミュージックビデオを多数手がけてきた映像ディレクターの関和亮。 


スタッフ 
監督/関和亮 
プロデューサー/草なぎ洋平 
撮影/松居大悟 
音響/澤井妙治 
編集/前田径成 
題字/浅野いにお 
コピー/高木新平 
デザイン/猪瀬まな美 

キャスト 
不可思議/Wonderboy 
Utatane/Nayuta 
観音クリエイション 
狐火 
桑原滝弥 
谷川俊太郎 
田原千 
Paranel 
Yuji Otani 




自分もすこし 
彼との"これまで"と"これから"を 
お話しさせていただきました 

よかったら 
"不可思議/wonderboy"の詩に 
触れてみてください 


生き生きしますよ☆ 



公式サイト 
http://www.lowhighwho.com/lb/ 

予告編 
https://www.youtube.com/watch?v=dGxEuvIQJJc