2017年5月16日火曜日

北海乱舞

その男と出会ったのは 
いまから7,8年前のこと 

秩父の武甲書店で開催されたイベントで 
男はマイクの前で 
叫んでいた 

一発で魅せられたおれは 
男に話しかけ 
そのまま意気投合し 
東京までの帰りの列車の二時間 
馬鹿話で盛り上がった 

聞けば 
もうすぐ東京をはなれて 
故郷の北海道で暮らすとのこと 

”また、いつか会おう!” 
と池袋で笑顔で別れた 

再会の約束は 
社交辞令の場合が多かったり 
のぞんでいても 
また、いつか会えないことのほうが 
ほとんどだったりする 

だが不思議と 
その男とはまた必ず会えるだろう 
という確信めいたものが己の中にあった 



時は流れて… 
2017年 

男との再会の日が 
まもなくやってくる 

会わないあいだに 
おたがい人の子の親になっていたり 
ほかにもたくさんの変化があったはずだ 

積もる話は尽きないだろうが 
幸いにもおれたちは 
ステージに立つ詩人 

客前での乱舞にて 
おもいのたけを語り合おうじゃないか 



私情と詩情 
その際(きわ)から 
きみとおれは 

なにを捧げよう∞ 




* 



6月12日(月) 
開場/14:30 開演/15:00 


活動15周年記念/長女誕生記念/小林東氏追悼ライヴ 
絶叫系説法僧侶詩人・たそがれ龍生 

「ポエトリーパフォーマンス2017 乱舞」 



主演: 
たそがれ龍生(僧侶詩人) 

ゲスト: 
桑原滝弥(詩人) 



料金: 
無料(1ドリンクオーダー~) 

会場: 
カフェドルチェ 
(釧路市入江町8-3) 
TEL:0154-24-4703 
http://946ch.com/dolce/ 



【出演者プロフィール】 

たそがれ龍生(主演・企画) 
絶叫系説法僧侶詩人。2005年、詩集「桂恋哀歌」を自費出版。2011年、日本文学館・出版大賞ポエム部門特別賞受賞。2014年、釧路春秋賞受賞。釧路文芸団体協議会個人会員。小樽詩話会会員。寳海山潮音寺副住職。 

桑原滝弥(詩人) 
詩人。妻の講談師である神田京子との詩芸ライヴ、他ジャンルとのコラボレーションも展開中。日本各地に、ドイツ、カナダ、モンゴルなど海外でもライヴ活動を行っている。また、詩人・谷川俊太郎との競演イベント「俊読」を主催。著書に、詩集「花火焼」、写真詩集「メオトパンドラ」ほか多数がある。